bonjour♪初心者フランス語奮闘記
英語もままならない状態なのにフランス語に突如目覚めて奮闘中! フランス語学習メモやフランスにまつわる話を更新していきます。 フランス語初心者のみなさん、一緒にがんばりましょう!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本を読む
フランス語を勉強するにしたがって…
フランス人と接する機会が増えるにつれて…
私は、フランスの文化とか歴史とか、フランス人の思考というものに、とても興味が沸いていた。

(悪い意味ではなく) こういう発想はどういうところから来るのだろう? と常々思っていた。

で、何か知る手立てはないものか~…と思いつつ、本屋をウロウロ。

そこで、沸騰するフランスという本を見つける。

内容は政治のこととかも入っていて、「ん?私わかるのか?」と思ったけど、
昨年のCPEに対する若者の熱さ?…日本にはあり得ない、あの情熱?然り、
選挙も80%投票率というではないか。
すごいなぁ…と同時に、そこまで行動に移す原動力は何?と思っていたので、
それも何か手がかりに…と手に取る。

でも、手に取った一番の理由は…あとがきにあった、
「日本ではアメリカに対する関心があまりにも高いのに比べ、ヨーロッパに対する関心が低い……
あまりにも米国一辺倒の社会の風潮に物申したくて……」 を見たから。

で、何かつかめたの?っていうと、
うーん…さぁ~て? …おいおい

案の定、基礎がないからか?途中、政治話にはついていけない部分もあったけど、
素人な私でも、本当に非常に面白く読めた
政治の話ばかりでなくて、ジダンの話やら何やらも盛り込まれているのよ。

偶然にも、私が帰国する日に「フランス大統領選」が行われる …はず
今、サルコジ氏が優勢と聞いているが…
本を読んで思ったのは、「サルコジになっていいのかなぁ?」である。
※あくまでも素人意見です…

まぁ、他国のことより、自国の心配しろよって自己突っ込みですが、
大統領なんかが変わるとガラっと色々なことも変わっちゃうから、
フランスに興味がある私としては、ちょっと気にもなるさぁ~そりゃ~。


↓↓ポチポチポチポチ↓↓
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓
FC2ブログランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。