bonjour♪初心者フランス語奮闘記
英語もままならない状態なのにフランス語に突如目覚めて奮闘中! フランス語学習メモやフランスにまつわる話を更新していきます。 フランス語初心者のみなさん、一緒にがんばりましょう!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Musée du Louvre
アラブ首長国連邦のアブダビというところに、
パリのルーヴル美術館が別館を設置する計画が進んでいるだそうだ。

すでにフランスの文化省と話がすすんでいるそうで、
諸々あわせて1000億円以上のお金をフランス側に渡すとか。…オイルマネー万歳

その金額のすごさのせいか?、それはおかしいんじゃないかー!って反対の声もあるそうで。
「文化遺産と消費物資は違う」とのこと。
個人的には、当たり前っちゃあ当たり前のような気もする。

でもでも、美術館としては、膨大な美術品を全部展示してるわけではなく、
ルーヴルともなれば、保管・維持している点数のほうが多いし、
こういう形で貸し出したりすることで、財政均衡が保たれるってことらしい。
内訳的には貸し出し以外にも、管理・運営費(管理・運営は仏人でするそうだ)もあるようなので、
仏人の雇用に関してもラッキーな話なのかな~?
これも聞きようによっては、まーそりゃそうだわね~とも思う。

世界的にも分館化がすすんでいるようで、仕方ないのかなぁぁ?とも思っちゃいます。
そーいや、ポンピドゥーも中国にできるって聞いたけど、それはどうなったんだろう?
これも香港にって話が頓挫して、中国になったとか…そういう時代の流れなのだろか。


けどね・・・私のような立場からモノ申すと、
やっぱり、「魂を売るなーーー!!そういうことじゃないんだよ!!!」 が7割、
でも、わが子と言っても過言ではない作品が、倉庫で保管ばっかりも寂しい が3割


どっちやねん!!


↓↓美術は好きですか~?↓↓
人気blogランキングへ
↓↓私は Musée d'orsay のほうが好きです↓↓
FC2ブログランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。