bonjour♪初心者フランス語奮闘記
英語もままならない状態なのにフランス語に突如目覚めて奮闘中! フランス語学習メモやフランスにまつわる話を更新していきます。 フランス語初心者のみなさん、一緒にがんばりましょう!
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
単語の本
実は・・・仏検後、相当落ち込んだ私は、勉強の方法をあれこれ考えていました。

まず、悩みその1:た・・・単語が覚えられん!!
さっき覚えたのに、次の日・・・いや数時間後には忘れている病。
あなたはかかっていませんか?
処方箋はないのか?処方箋は~~~!!不治の病じゃあるまいな?!

で、気づいたことがあります!
以前、ネイティブの人から教えてもらっていた時に出てくる単語は、
綴りはさておき (…置くのか) 覚えているのです。
ラジオから同じ単語が発せられると、そこだけ聞き取れている。
うーん、これは何かヒントかも?と思い、下のテキストを実践してみようかなぁ・・・と思いました。

音読仏単語〈1〉日常生活編

音読仏単語〈1〉日常生活編

価格:1995円(税込) 第三書房発行

基本的には、今NHKラジオを利用してやっている勉強方法とあまり変わりはないのですが、
「音読単語」というだけあって、そこに特化しているところが魅力的です。

これは、まず、1テーマに沿って会話文があり、その後にそこに出てくる単語があり・・・という感じです。
会話を通して単語を覚えるというところで、いい感じじゃないかな~と期待しつつ、
微妙にヒマであろう年末年始はこれで頑張ろうと思います。



↓↓押してもらえると・・・↓↓ 単語単語♪
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついで押しちゃおう?
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

NHKテレビ:フランス語会話講座12/25
今日はNHKテレビ フランス語会話講座の曜日です。
毎週月曜日 11:35~

今日は Noël でしたが、講座のほうでは1ミリも触れず。
なのに、中国語講座ではメリークリスマスってやってました(笑)
ちなみに、中国語でサンタクロースは、クリスマスの老人と書くそうです。 どうでもいいよ・・・
さてっ、本日のleçon はこちら


Phrases-clés 今週のキーフレーズ
Je prends ce parapluie vert. この緑色の傘にします
Celui-ci? こちらですか?


prendre は、色々な意味があります。
キーフレーズの形は、「選び取る」というときに使います。
他には・・・
Je prends du pain.  私はパンを食べます。
Vous prenez le métro?  地下鉄に乗りますか? などなど


指示代名詞 の celui です。
前に出た名詞に代わって使います。これも性数の一致がおきま~す。 げっ・・・
単数複数
男性celuiceux
女性cellecelles

Regardez ce tableau, celui de droite. この絵を見てください、右のです。
また、「こっちの」「あっちの」と区別をつけたい場合は、後ろに「-ci」「-là」をつけます。
C'est ma voiture. ― Celle-ci? ― Non, celle-là. これが僕の車だよ。― こっちの? ― 違うよ、あっちの。

ちなみに、会話では「-là」が多いそうです。
で、単独では使わないらしいんだけど!関係節(qui)がついているとこうなるそうです・・・ ふぅ~~ん
Tu vois ces arbres? あの木々が見える?
Celui qui est au bout de l'allée est un chêne. 並木道の突き当たりにあるのがカシの木だよ。



今日のAvec Ananda は、Vin bio
お酒が飲めない私はよくわかりませんが、bioワインは最高にいいそうです。ジェニファーも言ってましたね。
知人でビオワインに詳しい人がいます、ワインセレクターさんです。
彼女のblogはこちら→BIOTIFUL~気持ちイイ毎日~



では、最後に 色 couleur
bleu(e) 青い
blanc(he) 白い
gris(e) グレーの
jaune 黄色い
noir(e) 黒い
rose ピンクの
rouge 赤い
vert(e) 緑の



今日は会社で仕事をしながらRFIを聞き流し・・・途中、yahoo!で「ジェイムス・ブラウン死去」を目にして、マジ~?!と驚いていたら、ラジオから「James Brown」「Sex Machine」と。
それ以外が全く聞き取れませんでした・・・って「James Brown」「Sex Machine」は英語ですから!




↓↓押してもらえると・・・↓↓
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついで押しちゃおう?
FC2ブログランキング

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

bonnes fetes!
Je vous souhaite un joyeux Noël!!!



…とか書いてる私は、Noël なんて全く関係なく過ごしております。Noël って何?!みたいな。
ええ、ええ、普通に白いご飯に味噌汁をいただきましたよ。

ついで?なんで、クリスマスに関する文章でも書いておきましょう。

Joyeux Noël et Meilleurs Voeux de Bonheur メリークリスマス!幸せをお祈りします
Avec tous mes voeux de joyeux Noël 良きメリークリスマスを、祈りをこめて
veille de Noël クリスマス・イブ (今日だ…)
le père Noël サンタクロース (やっぱり父さん(père)なのか…?)
cadeau de Noël クリスマスプレゼント (いくつもらえるのかな~?)



↓↓ポチっと↓↓き~ぃよ~しぃ
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こ~のよぉ~るぅぅぅ
FC2ブログランキング
本当ですか?!
もうすぐクリスマスですね…。


すでにメリークリスマス☆と言いそうなのですが、
フランスでは、25日にならないと Joyeux Noël を言ってはダメだし、
1月1日にならないと Bonne année もダメ…というか、その日より前に言うことはおかしい
んだそうです。

フランスに詳しい方、本当ですか?!


ダメだよ…というネイティブと、えー?そうなの?と私と同じ反応を示すネイティブ。。

どっちよ?!



↓↓ポチっと↓↓どっちだ?どっちだ??
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついで押しちゃおう?
FC2ブログランキング

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

NHKテレビ:フランス語会話講座12/18
今日はNHKテレビ フランス語会話講座の曜日です。
毎週月曜日 11:35~

今週 も、NHK総合で放送されていた星の王子さまに心を奪われていましたが、こちらより5分前に終了。
秋から時間帯が変わって本当によかった・・・と再度思いました。
余談ですが、サンテグジュペリの飛行機に乗せてもらったよ・・・という じーさん おじいさんが出てきて、
妙に驚いてしまいました。なんとなく古い人というイメージがあったので・・・。
さてっ、本日のleçon はこちら

Phrases-clés 今週のキーフレーズ
Donnez-moi ce poster. このポスターをください
Excusez-moi. ごめんなさい ここにきて、このフレーズか!と少しビックリ・・・


Donnez-moi~ は、買い物のとき、情報などを教えて欲しいときに使える表現です。
ただし、donnez は、donner の命令形なので、
s'il vous plaît. をつけましょう。

これよりも控えめな依頼は、Voulez-vous répéter, s'il vous plaît.


Excusez-moi. 他の謝るときの言い方は・・・
pardon / Je suis désolé(e) / désolé(e)


命令形 ですね~。
原則として現在形から主語をとればOKです。
tu regardes : regarde
といったそばから・・・取るだけじゃないじゃないか~と思われました?
er動詞と aller では、tu の活用語尾 -s を取ります。
nous regardons : regardons
vous regardez : regardez

ne...pas ではさむと、否定命令形 の出来上がり。
Ne parle pas si fort! そんなに大きな声で話さないで!


指示形容詞 この・その
単数複数
男性ce (cet)ces
女性cette



今日のAvec Ananda は、Marché。
お店の人がよく使う決まり文句:「その他には?」 Avec ceci?Et avec ça?
何もなければ:「それだけです」 Ce sera tout.
Marché には、まだ行ったことがない私。。行ってみたいです!
ちゃんと買い物でっきるっかな?でっきるっかな?はてはてふふ~ん♪


↓↓押してもらえると・・・↓↓
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついで押しちゃおう?
FC2ブログランキング

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

NHKラジオ:フランス語講座 9
今回から取り組むテキストは、NHKラジオ フランス語講座 2005年10月~ の入門編 です。

Au musée de Louvre ルーブル美術館で

Le professeurCe tableau immense, c'est《Le Radeau de la Méduse》. Qui est l'auteur de sette œuvre? (この巨大な絵は「メデューズ号のいかだ」です。この作品の作者は誰ですか?)
Une élèveC'est Géricault. (ジェリコです)
Le professeurC'est exact. C'est un peintre français du 19 siècle. (その通りです。19世紀のフランスの画家です)

Le professeurLe thème, c'est le naufrage du bateau《La Méduse》 (テーマは「メデューズ号」の難船です)
Une élèveEst-ce que c'est une histoire vraie? (本当の話なのですか?)
Le professeurOui. C'est un événement survenu en 1816. (はい、1816年に起きた出来事です)
MariaÇa fait peur. (怖くなるわ)

Le professeurQu'est-ce qui est le plus impressionnant? (何が一番印象的ですか?)
MariaAh, pour moi, c'est la couleur. (私にとっては色です)
Le professeurOui. Regardez ces couleurs foncées:noir, brun, gris, vert sombre. Elles donnent une impression triste. (はい、これらの暗い色を見てください。黒、褐色、灰色、暗い緑色。これらの色が陰鬱な印象を与えています)

PaoloLe mouvement aussi est impressionnant. (動きもまた印象的です)
Le professeurVous avez raison. Géricault traite ce thème avec un grand réalisme. Remarquez les personnages. (君の言う通りです。ジェリコはこのテーマを大いなる写実主義で扱っています。人物に注目してください)
YumiEn effet. (確かに)


◆Phrases-clés
Qui est l'auteur de sette œuvre? この作品の作者は誰ですか?
~は誰ですか?と聞くときの表現です。答えはC'est~で。

Ça fait peur. 怖くなります
他の言い方で、avoir peur (de~) も使えます。
J'ai peur de ce chien. 私はこの犬が怖い

Qu'est-ce qui est le plus impressionnant? 何が一番印象的ですか?
qu'est-ce qui は、「何が」という意味です。
le plus ~ で、「一番~な」です。(最上級です↓↓Point参照↓↓)

Vous avez raison.  あなたの言うとおりです
avoir raison は、「正しい、もっともである」
反対は、avoir tort


◆Point
まずは 誰(が・を)
誰  qui
誰が qui / qui est-ce qui
誰を qui / qui est-ce que   これ、正直なところ、まだ混乱してます・・・ので、ちゃんと書き留めておこう

Qui est ce garcon? この男の子は誰ですか?
Qui est-ce qui / Qui vient demain? 誰が明日来るのですか?
Qui est-ce que vous cherchez? 誰を探しているのですか?
Qui cherchez-vous ? 誰を探しているのですか?

つぎに 「最上級」最も / 一番~な
le
la
les
+plus
moins
+形容詞最も~な
最も~でない
le+plus
moins
+副詞最も~く
最も~でなく

「~のうちで」は de~
C'est l'avenue la plus célèbre de Paris. これはパリで最も有名な大通りです
bonbien は、le plus~ではなく特別な形あり。以前やった比較級と同じですね。
bon:le meilleur
bien:le mieux


◆Paris à travers la littérature
C'est Paris qui fait les Français.
フランス人を作るのはパリである
Charles-Louis de MONTESQUIEU(1689-1755) , Mes pensees
Mais Paris guérit tout et les absents ont tort.
しかし、パリはすべてを癒し、いない者は損をする
Louis GRESSET(1709-1777), Le Mechant, acte II
う~~ん・・・そうなのか、そうなのか?!


テキスト内にでてきた「ジェリコのメデューズ号のいかだ」

Le Radeau de la Meduse

テキスト通り、実際にあったお話を元に描かれました。
セネガルを目指してモロッコ沖で座礁。12日間も漂流していたんだとか!これじゃあ maria も Ça fait peur. と言いますな。
ちなみに、この作品はサロンで賛否両論、問題作となっちゃった。
そんなジェリコは32歳で早世しちゃってます、あぁ。



↓↓ポチポチっ↓↓あなたの愛の1ポチを
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついでポチっ
FC2ブログランキング

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

仏検結果!発表
先日受験した、2006年秋季のフランス語検定の結果が届きました・・・。

合格 」でした!!きゃ~


受けたのは「 3級 」です。・・・たいしたレベルではないのですが(笑)
基準点は60点、得点は62点・・・オイオイ、合格率は41.5% とのこと。

私って、運が良い・・・・・・。


仏検が終わり、微妙に勉強モードがトーンダウンしていましたが、
またやる気が出てきました。・・・勝手だね~(笑)


↓↓ポチポチ↓↓
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついで押しちゃおう?
FC2ブログランキング

テーマ:フランス語 - ジャンル:学問・文化・芸術

トラムウェイ?
Parisの南のほう(13,14,15区だそうです)でトラムウェイ(Tramway)がもうすぐ開通するそうで。

・・・トラムウェイって何?って思ったら、路面電車だそうです。へ~。
これが3本(?)目だそうです。T3号線(?・・・号線でいいのか?)らしいです。
既に路面電車がParisを走っていたとは知りませんでした。

tram2.jpg



路面電車とわかった途端、うっかり、人・・・ひかないよね?と意味もなく不安を覚えた私でした(笑)

tram1.jpg

が、こんなイメージらしく、きれいですわ。 ・・・あ、当たり前だろ


↓↓ポチポチ↓↓
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついで押しちゃおう?
FC2ブログランキング
NHKテレビ:フランス語会話講座12/11
今日はNHKテレビ フランス語会話講座の曜日です。
毎週月曜日 11:35~

NHK総合のモーツァルト特集に心を奪われていましたが、こちらより5分前に終了。
秋から時間帯が変わってよかった・・・と本当に思いました。
さてっ、本日のleçon はこちら

Phrases-clés 今週のキーフレーズ
Qu'est-ce que c'est? これは何ですか?
Qu'est-ce que vous faites? 何をなさっていますか?


これはなんだ?!と思ったら、Qu'est-ce que c'est? ケスクセ~♪
丸暗記でいっちゃいましょー。
答えるときは、
C'est un téléphone portable. これは携帯電話です
Ce sont des abricots. これはアンズです

Qu'est-ce que vous faites? は、その場で何をしているの?という時にも使います。
なので、職業を聞いているということをはっきりさせるために、
Qu'est-ce que vous faites dans la vie? という言い方もありです。

qu'est-ce que / que 「何を」です
「何を探しているのですか?」は、以下2通り言い方がありますが、
Qu'est-ce que vous cherchez?
Que cherchez-vous? queを使った場合は、主語と動詞を倒置させます。


faire する・作る
jetuil/ellenousvousils/elles
faisfaisfaitfaisonsfaitesfont

faire には、「~させる」という意味もあります。faire + 不定詞で使いましょ。
Il fait venir Nathalie. 彼はナタリーを来させます


puisque / parce que
puisque は、一般に知られていること、相手が知っていることを理由にするときに使います。
Puisqu'il fait beau, on s'installe à la terrasse? お天気がいいのだから、テラスに座る?(カフェで)
parce que は、相手が知らない理由のときに使います。
Je ne vais pas à la réunion, parce que ma mère est malade. 私は会合へは行きません。なぜなら母が病気だからです


今日のCanal Culture は、特別編。
アコーディオンの演奏で「パリの空の下」から始まりました。
私は、いかにもParisのcaféって感じをイメージさせるアコーディオンの音が大好き。
 -初めてmétroに乗ってビクビクしてた時に、車内でアコーディオンを弾いている人がいて、ほっとしました。
そして、最後の演奏で「ホワイトクリスマス」 Joyeux Noël !!


では、最後に、方角 の表現です。全部男だよ・・・・・・masculin です。
nord 北 sud
est 東 ouest 西


↓↓押してみよーう↓↓ Joyeux Noël !! まだ早いって?
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついで押しちゃおう?
FC2ブログランキング

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

NHKラジオ:フランス語講座 8
今回から取り組むテキストは、NHKラジオ フランス語講座 2005年10月~ の入門編 です。

Leçon 8 : En rentrant de l'école 語学学校から帰る途中で

PaoloTu vas au prochaian cours d'art, Maria? (マリア、今後の芸術の授業に出る?)
MariaNon. Je n'ai pas envie. Ce n'est pas obligatoire... (いいえ、気が進まないわ。必修じゃないし)
PaoloMais Maria, la semaine prochaine, on va au musée du Louvre. (でもマリア、来秋はルーヴル美術館に行くんだよ)

MariaAh bon? Pourquoi? (ああそうなの?なぜ?)
PaoloParce que le prof n'a pas envie de faire son cours. (先生が授業をしたくないからさ)
MariaÇa alors! (なんてことなの!)
YumiNe prends pas ça au sérieux. Il plaisante. Le professeur vient aussi. C'est un cours spécial. (そんなの本気にしないで。冗談を言っているのよ。先生も来るわ。特別授業なのよ)

PaoloOn regarde les tableaux et le professeur explique. (皆で絵を見て、先生が説明するんだよ)
YumiJ'aime les cours comme ça. Ils sont plus intéressants que les cours ordinaires. (こういう授業好きだわ。普通の授業よりおもしろいもの)
MariaJe suis d'accord avec toi. Je vais au Lovre moi aussi. (私もあなたの意見に賛成。私もルーヴルに行くわ)

PaoloMesdemoiselles, on va prendre un café? (お嬢さん方、コーヒーを飲みに行きますか?)
MariaC'est une bonne idée. Un café après les cours, c'est vraiment bon. (いい考えね。授業のあとの一杯のコーヒーって本当においしいわ)
PaoloQuand tu viens régulièrement aux cours, c'est meilleur. (君がちゃんと授業に来ると、もっとおいしいよ)


◆Phrases-clés
Je n'ai pas envie. 気が進みません
何かをしたくないと言うときの表現です。
avoir envie de + 不定詞 ~したい

Ne prends pas ça au sérieux. そんなこと本気にしないで
prendre au sérieux ~を本気にする/真に受ける

Je suis d'accord avec toi. あなたの意見に賛成です
人の意見に賛成するときの表現です。
こんな感じ↓でも問題なし。
Moi, je suis d'accord. 私は賛成です
Je ne suis pas d'accord avec lui. 彼の意見には賛成しません

C'est une bonne idée. それはいい考えですね
単純に bonne idée でも問題なしです。


◆Point
まずは「行く」aller
jetuil/ellenousvousils/elles
vaisvasvaallonsallezvont


つぎに On
一般的な人々や不特定多数の人を指したり、Nousの代わりに使われる。
On va au café? カフェに行く?

さらに「来る」venir
jetuil/ellenousvousils/elles
viensviensvientvenonsvenezviennent


まだある否定命令文
Ne + 肯定命令文 + pas
Ne venez pas ici. ここに来ないでください

はいこれまでよ「比較級」もっと~な
plus + grand + que ~ ~よりもっと大きい
aussi + grand + que ~ ~と同じくらい大きい
moins + grand + que ~ ~ほど大きくない

plus / aussi / moins のあとに、形容詞・副詞がきます。
que のあとに代名詞が来るときは、強勢形でーす。
bon / bien は、plus~のかわりに特別な形になります。 な・・・ならなくていいのに
bon : meilleur  bien : mieux


◆Paris à travers la littérature
Le cœur de paris est plus pur qu'un ciel d'hiver lucide de froid.
パリの心は寒さで冴えた冬の空よりも澄んでいる
Au cœur de monde, Poesies completes 1924-1929, 1944
On ne vit qu'à Paris, et l'on végète ailleurs.
人はパリでしか生きていない、そしてよそでは無為な生活を送っている
Louis GRESSET, Le Mechant, acte III, 1747
このくらい短いと暗誦できそうですね


テキストが段々難しくなってくる気がします。
内容は急激に難しいという感じではありませんが、音で聞いていると、早い早い・・・みたいな感じです。
私だけ??



↓↓ポチポチっ↓↓あなたの愛の1ポチを
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついでポチっ
FC2ブログランキング

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

NHKラジオ:フランス語講座 7
今回から取り組むテキストは、NHKラジオ フランス語講座 2005年10月~ の入門編 です。

Leçon 7 : À la bibliothèque de l'école 語学学校の図書室で

YumiOù est la bibliothèque, s'il vous plaît? (図書室はどこですか?)
Un élèveElle est au fond du couloir. Mais elle est fermée maintenant. C'est l'heure du déjeuner. (廊下のつきあたりです。でも今は閉まっていますよ。お昼休みの時間です。)

Mme JoliverJe peux vous aider? (お手伝いしましょうか?)
YumiOui. Je cherche un livre. (はい。本を探しているのですが)
Mme JoliverQuel est le titre du livre? (本の題名は何ですか?)
Yumi《La nouvelle pédagogie du français》 (「フランス語の新しい教育法」です)

Mme JoliverC'est pour le cours de Monsieur Bérard? (ベラール先生の授業のためですね?)
YumiC'est ça. Son cours est difficile pour moi. (そうです。先生の授業は私には難しいです)
Mme JoliverTous ses élèves pensent comme vous. Voilà. (彼の生徒たちはみんなあなたと同じように考えていますよ。はいどうぞ)
YumiMerci beaucoup. (どうもありがとうございます)

Mme JoliverAu fait, vous êtes japonaise? (ところで日本の方ですか?)
YumiOui. (はい。)
Mme JoliverMoi, j'apprends le japonais. (私、日本語を勉強しているんです)
YumiC'est vrai? C'est difficile? (本当ですか?難しいですか?)
Mme JoliverOui. Mais j'aime les langues, alors ça va. (ええ。でも私は語学が好きだから大丈夫です)


◆Phrases-clés
Où est la bibliothèque? 図書室はどこですか?
行きたい場所がどこにあるのか尋ねる表現です。”où ”「どこ」ですね。

Je peux vous aider? お手伝いしましょうか?
困っているひとに使う場合もあり。店員さんがお客に声をかける場合もあり、May I help you? みたいなもんですな。

C'est ça. そうです
「そうです」とか「そのとおり♪」とか。
否定になると、Ce n'est pas ça.

C'est vrai? 本当ですか?
この言い方よく使われますが、どの程度の「ほんと~?」なのか・・・ネイティブの感覚を知りたいものです。誰か知っていますか??


◆Point
まずは前置詞 à / de と定冠詞の縮約
à / de のあとに le / les がくると縮約しちゃいます。la , l' はそのままで。
à le Japon は、 au Japon 、à les poires は、 aux poires
de le dinêr は、 du dinêr 、de les vacances は、 des vacances

つぎに疑問形容詞「どんな」
単数複数
男性quelquels
女性quellequelles
Quel jour sommes-nous? 今日は何曜日ですか?

さらに人称代名詞強勢形・・・ながっ
前置詞の後、主語の強調や対比、c'est の後で使います。
彼女私たちあなた(たち)彼ら彼女ら
moitoiluiellenousvouseuxelles
C'est dur pour moi それは私にとって難しい ・・・先日の仏検のあと落ち込んで、実際に使った表現です


◆Paris à travers la littérature
Je suis un pâle enfant du vieux Paris, et j'ai
Le regard des rêveurs qui n'ont pas voyagé...
C'est vrai : j'aime Paris d'une amitié malsaine ;
J'ai partout le regret des vieux bords de la Seine.
私は古いパリの青ざめた子供だ、そして私は
旅をしなかった夢想家の悔いを抱いている
本当だ。私はパリを退廃的な友情で愛しているのだ
私はどこでもセーヌの古いほとりを懐かしむ
François COPPEE, Promenade et interieurs, 1872
毎回詩を書いているが、青ざめたって表現結構あるんですね~。そしてSeineとは切っても切り離せないという感覚がどの時代にもあるようです


BBCやCNNみたいな放送局がフランスにもできたそうです。そうですっじゃなくて、できました。
FRANCE 24 っていいます。
国がバックについているっていうからすごいですよね。
でも、フランスで24時間ニュース局って・・・それを聞いただけで「すごいじゃん・・・C'est vrai?」と思いました。



↓↓ポチポチっ↓↓あなたの愛の1ポチを
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついでポチっ
FC2ブログランキング

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

NHKラジオ:フランス語講座 6
今回から取り組むテキストは、NHKラジオ フランス語講座 2005年10月~ の入門編 です。

Leçon 6 : Au marché 市場で

Le marchandVous désirez? (何にいたしましょう?)
YumiJe voudrais un kilo de pêches, s'il vous plaît. (桃を1キロください)
Le marchandDes pêches jaunes ou des pêches blanches? (黄色い桃ですか、白い桃ですか?)
YumiEuh, je prends des pêches blanches. (えーと、白い桃にします)

YumiDonnez-moi un kilo de tomates aussi. (それからトマトを1キロください)
Le marchandVoilà, mademoiselle. Et avec ça? (はいどうぞ。その他には?)
YumiC'est tout. Ça fait combien? (それだけです。いくらになりますか?)
Le marchand5,80 euros. (5ユーロ80です)

Le fromagerMademoiselle? (お客さんは?)
YumiJe voudrais acheter du fromage, mais il y a trop de choix! (チーズを買いたいのですが、あまりに品数が多すぎて)
Le fromagerEssayez ce fromage. Il est tendre et très bon. (このチーズを試してご覧なさい。柔らかくてとてもおいしいですよ)

YumiAlors, un morceau, s'il vous plaît. (じゃあ一切ください)
Le fromagerÇa va, comme ça? (これくらいでいいですか?)
YumiUn peu plus, s'il vous plaît. Comme ça. (もう少し多くお願いします。はいそれでいいです。)
Le fromagerAvec du vin rouge, c'est parfait. (赤ワインと一緒だと申し分ないですよ)


◆Phrases-clés
Je prends des pêches blanches. 白桃にします
いくつかの中から選び取るときの表現です。

Donnez-moi un kilo de tomates aussi. トマトを1キロください
「~を私にください」という意味で、買い物のとき、情報などを教えてもらうときに使う表現です。
s'il vous plaît をつけるとより丁寧に。

Je voudrais acheter du fromage. チーズを買いたいのですが
したいことを言うときの丁寧な言い方です。voudrais +動詞の原形で、XXしたいのですが~となります。

Ça va, comme ça? これくらいでいいですか?


◆Point
部分定冠詞です。
数えられない名詞につく冠詞です。
男性形は du 、女性形は de la 、母音・hで始まる語の前では de l'
否定文では直接目的語についた部分冠詞は de になります。
Je ne mange pas de viande. 私は肉を食べません


◆Paris à travers la littérature
En ce temps on chantait Paris ô ville étrange
et merveilleuse il y avant alors deux cent
soixante-quatore cafés-concerts et chaque
année on lançait sur le marché douze mille
nouvelles chansons c'était ça la belle époque.
あの時代人々は歌っていた、パリ、奇妙で素晴らしい街よ
その頃は274のカフェコンセールがあり
毎年1万2千の新しい歌が世に出されていた
これこそがベル・エポック、古きよき時代だった
Raymond QUENEAU, Courir les rues, 1967
この時代はよかったんだね~・・・


こんな風にmarchéに行って、買い物してみたいものです・・・



↓↓ポチポチっ↓↓あなたの愛の1ポチを
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついでポチっ
FC2ブログランキング

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

NHKテレビ:フランス語会話講座12/4
今日はNHKテレビ フランス語会話講座の曜日です。
毎週月曜日 11:35~

月曜からド残業だった私は、走って家に帰り、TVをつけたらジャストで講座が始まりました~間に合ってよかった。(録画は嫌いな私です)
さぁ~て、本日のleçon はこちら(サザエさん風に・・・)

Phrases-clés 今週のキーフレーズ
Je voudrais aller à Châtelet. シャトレに行きたいのですが。
Quelle heure est-il? 何時ですか?


voudrais は、動詞vouloirの条件法現在。
この形で使うと、「~したいのですが」と丁寧な表現になります。
また、名詞を続けると「~が欲しいのですが」となります。
例えば、Je voudrais un timbre pour le Japon. 日本宛の切手を1枚欲しいのですが。

また、同じような表現として、aimerais が使えるそうです。
J' aimerais avoir votre opinion sur la question. この問題について、あなたのご意見をいただきたいのですが。


Quelle heure est-il? は、ほかにもVous avez l'heure? とも言えます。
答える場合は、Il est~heure(s). です。
例えば、Il est deux heures dix. 2時10分です。
で、15分は、et quart. 30分は、et demie.
15分前(っていうか45分)は、moins le quart. 5分前(っていうか55分)は、moins cinq.
テキストでは、Il est cinq heures moins le quart. 5時15分前です。と書かれていますが、
これは、4時45分です。ってことです。つまり・・・4時45分だよ!と答えるときは、↑こうなるってことです。
・・・これを聞いたとき、出た!って気分になりました。
ついでに「え?じゃあ53分ですとか、7分ですとかは?」とネイティブに聞いたことがあるのですが「そんな細かくは言わないなぁ・・・」と。
1人にしか聞かなかったので確かではないのですが、本当なのでしょうか?・・・あぁ、君たちっていいよなぁ~~



で、さらにAvec Anandaでは、中性代名詞 に触れていました。・・・苦手っていうか、いまいち理解していない。
Vous avez des enfants? - Oui, j'en ai deux. (= J'ai deux enfants.) お子さんはいらっしゃいますか? はい、2人います。
Tu renonces à ce voyage? - Oui, j'y renonce. この旅行をあきらめるの? ええ、あきらめるわ。

en は、de を含む文法要素を受けます。
y は、à +「物事、場所」を受けます。
繰り返しを避けるため、この使い方は必須なんでしょうね。。。ちゃんと理解せねば

今日のAvec Ananda は、Manga.
Manga は日本の漫画を指すそうで、漫画全般を言うときは「BD」らしいです。
そして、彼らは子供の頃日本の漫画を見て育つそうですよ。。そりゃ流行るよ。


では、最後に、季節 の表現です。
au printemps 春に en été 夏に
en automne 秋に en hiver 冬に


↓↓押してみよーう↓↓ je voudrais...ポチ
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついで押しちゃおう?
FC2ブログランキング

テーマ:フランス語 - ジャンル:学問・文化・芸術

NHKラジオ:フランス語講座 5
今回から取り組むテキストは、NHKラジオ フランス語講座 2005年10月~ の入門編 です。

Leçon 5 : Conversation avec la concierge 管理人のおばさんとの会話

YumiBonjour, madame. (こんにちは)
La conciergeBonjour, mademoiselle. (こんにちは)
YumiComment allez-vous? (ごきげんいかがですか?)
La conciergeTrès bien, merci. Vous rentrez de l'école? (とても元気です。ありがとう。学校からの帰りですか?)

YumiOui. J'ai des cours tous les jours. (はい、毎日授業があるんです。)
La conciergeAh, vous travaillez beaucoup. Vous aimez le français? (まぁ、随分たくさん勉強しているのね。フランス語は好きですか?)
YumiOui, j'aime beaucoup le français. (はい、フランス語はとても好きです)

La conciergeIl y a un colis à votre nom. Tenez. (あなたの名前宛で小包がありますよ。はい。)
YumiAh, c'est un colis de ma mère. (母からの小包だわ)
La conciergeQu'est-ce que c'est? (何ですか?)
YumiC'est un cadeau. (プレゼントです)

YumiC'est mon anniversaire aujourd'hui. (今日は私の誕生日なんです)
La conciergeAh! Alors, bon anniversaire! (まぁ、じゃあ、お誕生日おめでとう!)
YumiMerci, madame. J'ai vingt-six ans. (ありがとうございます。26歳になりました)
La conciergeC'est la moitié de mon âge. (私の歳の半分だわ)


◆Phrases-clés
Comment allez-vous? ごきげんいかがですか?
改まった間柄のあいさつになります。

J'aime beaucoup le français. 私はフランス語はとても好きです
好き嫌いの言い方です。名詞には定冠詞をつけ、数えられる名詞は複数形に。
J'aime beaucoup les fraises.
嫌いなときは、Je n'aime pas beaucoup le sport. となります。

Qu'est-ce que c'est? これは何ですか?
フランス語を知らない人でもよく聞くフレーズ。
<Qu'est-ce que>が「何」という意味になります。
Qu'est-ce que c'est? と聞いているので、答えは、C'est un vase. となります。複数の場合はCe sont ですが、会話では C'est でいいらしいですよ~

J'ai vingt-six ans. 私は26歳です
年齢を言うときは、avoir を使います。
年齢を尋ねるときは、Quel âge avez-vous? や Tu as quel âge?


◆Point
まずは第1群規則動詞(-er動詞)・・・でてきましたよ~。

例えば、rentrer
jetuil/ellenousvousils/elles
rentrerentresrentrerentronsrentrezrentrent

動詞が母音やhで始まっているときは、リエゾンなどが発生します。
j'aime とか vous aimez、j'habite とかとか。


つぎに所有形容詞。僕の~君の~あなたの~♪彼の~♪♪
私の君の彼/彼女の私たちの君/あなた(たち)の彼ら/彼女らの
男性単数名詞montonsonnotrevotreleur
女性単数名詞ma(mon)ta(ton)sa(son)notrevotreleur
複数名詞mestessesnosvosleurs

注意:母音やhで始まる女性単数名詞では、()の中の形になります。・・・あぁ、もうっ


◆Paris à travers la littérature
Passent les jours et passent les semaines日が過ぎ、週が過ぎる
Ni temps passe過ぎた時も
Ni les amours reviennent恋も戻っては来ない
Sous le pont Mirabeau coule la Seineミラボー橋の下をセーヌ河は流れる
Guillaume APOLLINAIRE, 《Le Pont Mirabeau》, Alcools, 1913
過ぎた時も恋も戻ってきませんって・・・もーどれだけ暗いねん!!!(笑)


これを書きながら、フランスのラジオを流していたら、japonais japonais...と聞こえる。すると日本語が。
これ、フランスのラジオですよね~混線??と思っていたら、どうやら日本人にインタビューしてるみたいだった。
ラジオの内容は聞き取れなくてわからないんだけど・・・オイオイ
日本語を話す人もいれば、フランス語を話す人もいたんだけど!!!
フランス人の発音と全然違うのよね・・・本当に違うのよね。そりゃ当たり前だよ~と判っていても、ラジオから耳にすると衝撃が。。

あ、精神科医の太田先生が・・・なんて話をしています。
話題になった「パリ症候群」という本を書いた方ですね。

じゃあ、きっとその手の話題をしているんだ・・・こういうのを理解できるようになりた~い



↓↓ポチポチっ↓↓あなたの愛の1ポチを
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついでポチっ
FC2ブログランキング
突如目覚めた、と思っていたが。
突如フランスに目覚めた・・・と思っていたが、ふと思い返す。。


中学の頃、TINTINが好きで本や雑貨、目覚まし時計まで持っていた!(TINTINはベルギーだけどね)

TINTIN

film03.jpg



高校の時は学校をよくさぼっている子でして、とある日、一人で初めて映画館に入ってみた映画は・・・「大人は判ってくれない Les Quatre Cents Coups

大人は判ってくれない

film01.jpg

思いっきりフランスですがな(笑)
コレ、暗いのよね、ほんと。
私は、"おすぎです、泣けます!"ってタイプ(映画をこよなく愛し語れる人)ではないので、あれこれ言いませんけど、
勝手なイメージ:フランス映画=暗くて最後がよくわからないまま終わっていく、そのものですよ(笑)

その頃は古い映画を見ることが好きで、ビデオを借りては色々見てました。

その中に「男と女 un homme et une femme」がありまして、子供の私は、恋愛もフランス映画の独特観にもチンプンカンプン。
母親に「意味がわからない・・・」とつぶやいたら、「まだ早い」と言われたことを覚えています。
ストーリーはさっぱり覚えていないので、今度レンタルしてこようかな。今なら判るだろう・・・と信じたい。

男と女

film02.jpg



大学の頃は、イタリアのデザイン大好き♪と思いながらも、Jacques Tatiに出会い、衝撃を受ける。
その衝撃は未だ続き・・・いや、これこそマニアの域です。
永遠にJacques Tatiは大好きだと思います。

Jacques Tati
film04.jpg
film04_01.jpg



突如と思っていたが、ちょっとずつインプットされていたのかもしれない。
でも、さぁ・・・ ちょっとじゃなくてドカンとインプットされていれば、
学生の頃の第二外国語はフランス語にしたのにーーー!と思う。


↓↓ポチポチっ↓↓フランス映画はお好きですか?
人気blogランキングへ
↓↓ポチっとな↓↓こっちもついでポチっ
FC2ブログランキング

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。